F life

Moulton Stowaway Safari その他のパーツ紹介

d0196339_1542015.jpg





今回はその他のパーツを紹介します。



d0196339_155305.jpg

d0196339_1553947.jpg

サドルはLYCETTのスワローです。

やはり定番と言えばブルックスのスワローとなりますが、ちょうどLYCETTの

手ごろな物が入手でき採用してみました。

革サドルもブルックス、イデアル、フジタといろいろ使っていますが、どうも

あまり柔らかい固体はお尻に合わないようです。

その点で言うと、このLYCETTは中々好みのタイプです。




d0196339_1563752.jpg

d0196339_1564985.jpg

ライト関係ですが、リフレクターは定番のブルーメル。

ヘッドランプとテールランプは安全性を考慮して現行品のLEDタイプを採用しました。

とはいえ、あまりにもスタイルに合わないと困りますが、幸いメッキ仕上げの

古風なスタイルの物があったので迷わずチョイスしました。




d0196339_1572919.jpg

インフレーターはブルーメルです。

このサイズも中々無い物ですが、新品を入手できました。

とはいえ、サイズ的にも構造的にも行き先でパンクしたら苦労するので

これは、「お飾り」とします。

実際はボンベ式のインフレータを携帯します。






さて、これで主なパーツの紹介は終わりますが、見る人が見れば「チグハグな」

と思われるアッセンブラリーでしょうが、今回のスタート時に決めた「好みにカスタム」

というコンセプトを元に仕上げました。

塗装に関しても写真集でみた「Sレンジ サファリ」を目標にメッキ仕上げにしました。

ジャック・ラウターワッサー氏の仕上げを手本にしてみましたが、その素晴らしい仕上げの

1/100にも届きませんが、唯一誇れるのは分割式にしたことでしょうね。

あと、いくら素晴らしいパーツを入手できても肝心のフレーム精度が良くないといけません。

今回、47年ぶりにフレームの芯だしが出来て安心して乗れると思います。





d0196339_15113673.jpg

d0196339_15115052.jpg

d0196339_15115993.jpg


今後は・・・

やはりサファリとして作った以上、前後のバックは欲しいところですね。

当時物も入手できるとは思いますが、ここはリニューアルしたいと思います。



さあ、完成したこの愛車で何処へ行こうか・・・
[PR]

by F-life | 2011-11-16 19:03 | moulton stowaway(11) | Comments(6)
Commented by speedsixM6 at 2011-11-17 22:27
全体的に良い感じにまとまっていますね!
ブルーメルの新品インフレーターとは涙物ですね〜
Commented by F吉 at 2011-11-19 11:48 x
speedsixM6さん、こんにちは。

どうにか完成しましたが、まだまだ調整不足ですね。
今後は走りこんで満足のいく一台にしたいと思います。
Commented by Fmbelbalding at 2011-11-25 11:08
おお!キラキラ輝いてとても素敵なStowawayに仕上がりましたね。
個人的にはVee Rubbreというタイヤと輪行時のスタイルがとっても気になります。
そのあたりのレポもいずれぜひぜひ^^
Commented by F吉 at 2011-11-25 19:09 x
Fmbelbaldingさん、お帰りなさ~い!

お褒め頂きありがとうございます。
ようやく完成いたしました。

タイヤですが、ちょと残念なことになっているので
何時まで持つか心配です。
輪行についても今後の課題ですね。
Commented at 2016-10-06 18:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by F-life at 2016-10-12 15:19
フィリップ様
コメントありがとうございます!
ご返事が遅くなり申し訳ありません。

さて、私のFに注目して頂き嬉しいです。
私も他の種類の自転車も所有しておりますが、世界的コレクターA氏のSサファリを見せて頂き、思い切ってメッキにしました。
ココのブログでは書けない(笑)苦労もありましたが、所詮趣味の世界なので自己満足の1台となりました。

さて、自転車へのメッキについては私より詳しいHPもあるので割愛させて頂きますが、今回メッキ仕上げにするに当たり2点ほど業者に希望を伝えました。
先ず、下地処理(バフがけ)についてはしないでほしい。これは年式から考えても似合わないと思い、あえて下地のブツブツが残る程度でメッキをしました。
次に下処理の酸洗いですが、幸い分割モデルでもあったので内部の状態を確認しながら作業して頂きました。結果的には元の状態が良好でしたので、心配することは無かったとのこです。
ダイヤモンドフレーム等で、019や015等ならいざ知らず、Fフレームのようなパイプでしたらほとんど問題は無いようです。

ただし、塗装剥離後の芯出しや一部強度不足の箇所については追加溶接等行いました。
既に完成してから5年近くなり、今回フリップ様がコメント頂いたのをきっかけに改めて当時のフレームの状態を見ましたが、現在は若干曇っているもののとてもいい味が出ております。
おおよそ3000kmは走っておりますが、調子はいいですよ!

是非、チャレンジしてみて下さい!!
(コメントは公開でも大丈夫ですよ)
<< シクロジャンブル 2011 Moulton Stowawa... >>